わきがの人は要注意!意外と自分のワキガ臭には気づきにくい

あなたの周りにいませんか?こんな人。いつも汗臭い臭いを放ち、周囲の人から煙たがられている。たばこのにおいがきつくて隣にいるだけで、クラクラしてしまう。人は、誰でも周囲の人たちから嫌われたくはありませんが、実は自分の臭いというものは、意外と気づきにくいことがあるようです。もちろんワキガの人の場合も、もしかしたら自分で思っている以上に周囲の人たちに悪臭を放っている可能性もあるかもしれません。特にワキガのように、何となく指摘しづらい臭いの場合、普段から自分で意識しておかないと、どんどん周囲の人たちから距離を置かれてしまう可能性もあります。人はなぜ自分の臭いに鈍感になってしまうのでしょうか?その理由は鼻の構造が関係しているようです。鼻内部には臭いを感知する嗅細胞が無数にあると言われているのですが、息を吸い、鼻内部に空気が通ることで臭いを感知し、脳に情報を伝えているようです。しかし、この鼻は、意外と麻痺しやすく、自分の周囲に常に存在するにおいには鈍感になってしまうため、ワキガのにおいにも気づきにくい可能性があります。そんな自分のワキガが、周囲の人たちにどのように感じ取られているかを判断するには、直接わきの下を手でこすり、臭いをかいでみる方法がおすすめです。これは、ワキ汗をかいた時、わきの下が乾燥している時などあらゆるシーンで実践することで、一日を通して自分の臭いの変化を感じることもできるかと思います。