ワキガの人の場合、授乳中にわきがの臭いが漂ってくる!?

母乳育児をされている女性の中には、授乳中に何となくわきがのような臭いを感じてしまうこともあるようです。もともとわきが体質の人の場合、出産後にまだホルモンバランスが整っていないために、わきがの原因となるワキ汗を大量にかいてしまう可能性もあります。ワキ汗を大量にかいたまま放置してしまえば、もちろんわきがの臭いが漂ってくることになりますが、それ以外にも毎回母乳をあげる最中に、わきがの臭いが悪化する場合もあるようです。また、授乳後の赤ちゃんのげっぷからわきがの臭いが漂ってくることもあるようです。わきが体質のママが母乳をあげることで赤ちゃんにわきがが移ってしまうのではないか?と不安に感じるママもいるようですが、母乳からわきが体質が移ることはありません。では、なぜ赤ちゃんの口からわきがの臭いが漂ってくるのでしょうか?答えは、ママのおっぱいにありました。実はわきがくさい原因となるのは、アポクリン汗腺と呼ばれる汗をかく部分ですが、母乳を出す乳輪近くにも存在しています。そのため、妊娠や出産を経験する中で、乳輪近くにあるアポクリン汗腺が活性化したために、授乳中おっぱいをほおばる赤ちゃんの口の中に汗が入り込み、結果としてわきがのような臭いがすることが考えられます。それを予防するためには、授乳前にはきちんと乳輪周辺を除菌することが必要です。まずは実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です