わきがに悩んでいた私に希望の光!

私がわきがであることに気づいたのは高校生の時。
友人が真面目な顔をして、「わきがみたいだから気をつけた方がいいよ」と言いました。
どうやら、体育の授業後など、汗をかいた後に臭っていたらしく、クラスの女子が噂しているのを聞いた友人が、私に教えてくれたようなのです。
当時は「なんでそんなこと言うの…ひどい」と思いましたが、よく考えてみれば、友人は私にわきが対策するきっかけを作ってくれたと思えたので、今では感謝しています。

わきがだと言われてからは、制汗剤を使ったり、こまめに汗をふきとるなどの対策をしましたが、どれも一時的に効果はあるものの、根本的な解決はできず。
私は元々汗っかきなところがあったので、制汗剤も効果が持続しないようでした。
まめにつけ直すことができればいいのですが、外出先など、そういうわけにもいかない時があり、困っていました。

そんな時、インターネットでわきが対策を調べてみたら、わきがの人のためのクリームがあることを知りました。
どうせ制汗剤とたいして変わらないんでしょと思いましたが、さらに調べてみるとわきが以外にも足の臭い、デリケートゾーンの臭いにも使えるものも発見。
身体の臭いのほとんどに対応できるようなものもあり、それならば…と試しに購入してみました。

すると、あれだけ気になっていた臭いが嘘のよう。
効果も持続するし、一度ぬれば一日臭いが気にならないまでになりました!
今まで悩んでいたのがばかばかしくなるほどです。

あまりの嬉しさに、家族や友人などにクリームの話を何回もしてしまいました!
周りの方にはちょっとひかれてしまいましたが、それほど嬉しい出来事だったのです。
もし悩んでいる方がいたら、わきがクリームをおすすめしたいと思います。

わきがに効く薬通販ランキング

わきがの人は要注意!意外と自分のワキガ臭には気づきにくい

あなたの周りにいませんか?こんな人。いつも汗臭い臭いを放ち、周囲の人から煙たがられている。たばこのにおいがきつくて隣にいるだけで、クラクラしてしまう。人は、誰でも周囲の人たちから嫌われたくはありませんが、実は自分の臭いというものは、意外と気づきにくいことがあるようです。もちろんワキガの人の場合も、もしかしたら自分で思っている以上に周囲の人たちに悪臭を放っている可能性もあるかもしれません。特にワキガのように、何となく指摘しづらい臭いの場合、普段から自分で意識しておかないと、どんどん周囲の人たちから距離を置かれてしまう可能性もあります。人はなぜ自分の臭いに鈍感になってしまうのでしょうか?その理由は鼻の構造が関係しているようです。鼻内部には臭いを感知する嗅細胞が無数にあると言われているのですが、息を吸い、鼻内部に空気が通ることで臭いを感知し、脳に情報を伝えているようです。しかし、この鼻は、意外と麻痺しやすく、自分の周囲に常に存在するにおいには鈍感になってしまうため、ワキガのにおいにも気づきにくい可能性があります。そんな自分のワキガが、周囲の人たちにどのように感じ取られているかを判断するには、直接わきの下を手でこすり、臭いをかいでみる方法がおすすめです。これは、ワキ汗をかいた時、わきの下が乾燥している時などあらゆるシーンで実践することで、一日を通して自分の臭いの変化を感じることもできるかと思います。

ワキガの人の場合、授乳中にわきがの臭いが漂ってくる!?

母乳育児をされている女性の中には、授乳中に何となくわきがのような臭いを感じてしまうこともあるようです。もともとわきが体質の人の場合、出産後にまだホルモンバランスが整っていないために、わきがの原因となるワキ汗を大量にかいてしまう可能性もあります。ワキ汗を大量にかいたまま放置してしまえば、もちろんわきがの臭いが漂ってくることになりますが、それ以外にも毎回母乳をあげる最中に、わきがの臭いが悪化する場合もあるようです。また、授乳後の赤ちゃんのげっぷからわきがの臭いが漂ってくることもあるようです。わきが体質のママが母乳をあげることで赤ちゃんにわきがが移ってしまうのではないか?と不安に感じるママもいるようですが、母乳からわきが体質が移ることはありません。では、なぜ赤ちゃんの口からわきがの臭いが漂ってくるのでしょうか?答えは、ママのおっぱいにありました。実はわきがくさい原因となるのは、アポクリン汗腺と呼ばれる汗をかく部分ですが、母乳を出す乳輪近くにも存在しています。そのため、妊娠や出産を経験する中で、乳輪近くにあるアポクリン汗腺が活性化したために、授乳中おっぱいをほおばる赤ちゃんの口の中に汗が入り込み、結果としてわきがのような臭いがすることが考えられます。それを予防するためには、授乳前にはきちんと乳輪周辺を除菌することが必要です。まずは実践してみてください。

わきがの人は、糖質制限に向いていない?ワキガケアのために

ワキガは、なぜこんなにも独特のくさいにおいを放ってしまうのでしょうか?なぜ家族の中でも自分だけわきがの臭いがひどいのでしょうか?そんな悩みを抱えているあなた!もしかしたら糖質制限に挑戦していませんか?ダイエットをしてきれいなスタイルを手にしたい!そんな努力家のあなたがもしも糖質制限を実践しているとしたら、可能性としてワキガが悪化してしまっている可能性もあります。その理由は、肉を多く摂取する糖質制限独自のメニューにあります。ワキガの人の場合、動物性脂肪分の多い肉料理を毎日大量に食べ続けることで、ワキガの原因とも言われている汗をかく量がどうしても増えてしまいます。同じ肉料理を食べるなら、せめて脂肪分の少ない赤み肉を選べば、ワキガの臭いが悪化してしまう可能性も低くなってくると言われています。そもそもワキガ体質の人の中には、毎日の生活習慣により臭いが悪化する、改善するなどの変化を感じることもあるようです。糖質制限そのものは、運動せずに大幅な減量ができるとあって、非常に優れた方法であると思うのですが、わきがの人の場合は、選ぶ食材に特に意識することも必要かと思います。肉の質を変えるなどの工夫をしながら自分のワキガの臭いを確認しつつ、糖質制限を実施してみてはいかがでしょうか?